冬鳥の詩

+ 夢と妄想で綴るお話 …

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛しのサンタクロース 01

 12月25日 ―――… クリスマス

 午前10時、街中は賑やかなムードが漂い、木々には電球が装着され、クリスマス一色。
 雪が静かに降り積もり、何とも美しいホワイトクリスマスだった。
 そんなムード溢れる中、いつもなら何ら変わらない皇国『リムドア』冒険者ギルドが、
 今年は少しだけ違っていた。

  「アデットさん、こんな感じでいいですか?」

 シェリルが可愛らしいエプロンを着、カウンター内で作業をしていた。
 とろとろの生地を木ベラで掬いアデットに見せる。

  「お、いい感じじゃねぇか。次はそれに小麦粉をふるいにかけたやつを入れるんだ。」

  「ふるい?」

  「おや、知らねぇか。ん~っと、ちょっと待ってろよ~。」

 楽しげにアデットと会話しながら、シェリルは料理に励んでいた。
 不意に―――…

   ジリリリリッ  ジリリリリッ  ジリリリリッ

 電話が鳴った。

  「あーッ何だよ、うっせぇな!ったく……せっかくお嬢ちゃんと遊んでんのに……。」

 アデットはすこぶる面倒臭そうな顔をし、乱暴に電話を取る。
 シェリルはその光景を首を傾げながら眺めていた。

  「はいはい、こちら皇国『リムドア』冒険者ギルド。店主のアデット=リデアです。
  現在取り込み中なので、また後でかけ直してくれると非常に嬉しいのですが―――…」

 電話よりシェリルとの料理を取ろうとしたアデットは、面倒臭さを全面に押し出しながら言う。
 だが、電話の声の主の言葉により、アデットは言葉をつぐむ事になる。
 しばらく電話の声の主の話に耳を傾けていたアデットは、苛立った声で言った。

  「今年も……ですかね。あんたら、大概にしとかないと、真面目に痛い目みますよ?
  皇国の英雄相手に喧嘩売ってんのと一緒ですよ?それに今回は、英雄の仲間も……
  …………は?皇帝の決断?……ちょっ……そんなにギルドを潰したいんですか?」

 不穏な言葉に、シェリルは心配そうな表情を浮かべている。
 それに気付いたアデットは、シェリルに優しく微笑み、頭を撫でてやった。

  「えぇ……えぇ…………だから、そこまでやられたらマジで潰れるつってんですよ。
  ……ちっ……人が下手に出てりゃ、好き放題言いやがって……。
  ここに何人の男共がいると思ってんだ?それだけ減らされたら、こいつらはどうすんだよ?
  てめぇらみてぇな私腹を肥やした奴らが―――…」

   プッ ツ――― ツ――― ツ―――

  「…………あのっ……くそ野郎共が!!」

  「ひっ……」

  「!!あっ……す、すまん!怖かったか?!悪い……ちょっといらついちまった……。」

 思い切り受話器を叩きつけると同時に聞こえた、シェリルの小さな悲鳴に、
 アデットは慌ててシェリルへ優しい表情を見せた。

  「悪かったな、怒鳴っちまって……。
  さ、料理の続きをしようか。えっと、ふるいだったな。ん~っと……」

 戸棚からふるいを探すアデットに、シェリルは不安そうな表情を隠し切れず、
 おずおずとアデットに聞いた。

  「あの……どうしたんですか……?私に出来ることって……ありますか?
  ギルドが潰れちゃうのは嫌です。アデットさんの力になりたいです。」

  「……お嬢ちゃん……。
  ……ったく、そんな可愛い顔で言われたら、隠し事出来ねぇじゃねぇか。」

  「えっ……ご、ごめんなさい……?」

 申し訳なさそうに謝ったシェリルに、アデットは思わず苦笑を浮かべる。
 そして、先程の電話の件をシェリルに分かり易く伝えた。
 手にしっかりとふるいを持って。

  「さっきの電話はだな―――…

 アデットの低い声を聞きながら、シェリルはふるいを受け取り、料理を進めていった。


  + 次へ
  + 前へ

スポンサーサイト

*Comment

NoTitle 

ちょっ、シェリルちゃんのエプロン姿・・・
可愛すぎるじゃないですかっ∑(゚▽゚人

楽しい光景から一転、
不穏な空気が・・・??
電話の内容が気になりますね~
続きが楽しみです★
  • posted by 燈 青架 
  • URL 
  • 2009.12/13 21:28分 
  • [Edit]

燈様へ 

いらっしゃいませ!

こんばんわッ!
シェリルはアデットと一緒にお料理中☆
こんなシーンを書いてみたかったのですよ~♪
書いてて、ほんわかした気分になってました(笑)

不穏な雰囲気ですねぇ……
アデットが切れることなんて早々ない気がするんですが……(汗)
電話の内容は02で明らかに!
楽しみにしてやってて下さい~♪
  • posted by 筱 
  • URL 
  • 2009.12/13 21:59分 
  • [Edit]

NoTitle 

シェリルのエプロン・・・だと・・・!?

なんですかっ、それっ!

なんて萌えですかっ!!

男の永遠の憧れであるエプロン・・・(?)

くっ、なんとっ!

感動で前が・・・
  • posted by ネミエル 
  • URL 
  • 2009.12/13 23:23分 
  • [Edit]

ネミエル様へ 

いらっしゃいませ!

こんばんわっ!
エプロンですよ、エプロンッ!!
いいですよね~……台所で綺麗な奥さんがエプロン着て、

「あら、早かったのね。もうすぐご飯出来るから待ってて。
あっ、お風呂沸いてるから先に入ってきて♪」

なぁんて言ってくれるんですよ!!!
どうします、ネミエル様!!むしろ私はどうしたらいいですか!!?
♀のくせに妄想が止まりませんよ!!!!

ですがネミエル様、男の永遠の憧れは、
ただのエプロンではなく、裸エプロ―――げふっげふっ……
危ない危ない……妄想が飛躍するところでした……。

エプロンの破壊力は偉大ですよね☆
  • posted by 筱 
  • URL 
  • 2009.12/14 18:47分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

筱

Author:筱
初めまして。
管理人の筱 - シノ - と申します。

現在

『Battle Mermaid』

を綴っています。

どうぞ、
仲良くしてやって下さい!

BlogRanking
↑もし宜しければ、
ひと押しお願いします。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。