FC2ブログ

冬鳥の詩

+ 夢と妄想で綴るお話 …

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Battle Mermaid 28

  「これは魔国『ユグドラ』の品……。
  魔国の連中はこれをまるで羽根の様に軽い代物だと言っていたんだ。
  事実、魔国の上層部連中はこれを使ってひらひらと舞う蝶か何かの様な戦い方をしていた。」

  「……まじかよ……。」

 こんな重たい物を持って戦っていた事実に、ネスは驚愕する。
 だが、驚くのはまだまだであった。

 男は奥から鉄のプレートを持ちだす。
 そして何を思ったのか重たい短剣を手に取り、鉄のプレートに向かって振り下ろした。
 キィーンという音が辺りに響く。
 鉄のプレートは短剣を簡単に弾き返した。ネスは小さく首を傾げて言う。

  「これがなんだ?余程いい武器では無い限り、鉄プレートは切れねぇぞ?」

 当り前の様に言ったネスに、男は小さく左右に首を振る。

  「魔国連中は、これを切り刻んだんだよ。まるで紙か何かの様にな。」

  「……すげぇな、魔国っつーのは……。」

  「あぁ……。以前、ハクに手渡した武器を覚えているか?」

  「覚えてる。双剣だろう?」

  「そうだ、あれも魔国渡来の品……『双龍』という名前らしいが、あれは誰もが使えた。
  持つ事も可能だった。だが、この『聖銀』という短剣だけは誰も持てない。
  今まで持ってきたのが全員男だったからな……もしかしたら女ならと思って提案した。
  この短剣を使っていたのは女だったから。」

 そこまで語り終え、男は重々しい短剣を木箱に戻し布を巻く。そしてネスへと手渡した。

  「金はいらん。こんなもん、あるだけ邪魔だからな。
  もしあの女が持てたら、くれてやる。ただ、その現場を見させて欲しい。」

 男の言葉に、ネスはさして気にもせずこくりと頷く。

  「あぁ、構わねぇよ。こんなの、普通に買ったら高そうだしな……。
  てか、持てると決まったわけでもねぇし。
  あ、悪い……シェリルは暑いのが苦手で外で待機してんだよ。ついて来てもらっていいか?」

  「分かった。」

 男はさっさと外へ出ようとするネスを慌てて追った。
 二人は蒸し返る暑さの中を縫う様にして、外へと通じる扉を目指した―――…



 ネス達が交渉を始める少し前。
 外に出たシェリルは、武器屋の真横にあったベンチへと座り、ぼんやりと空を仰いでいた。
 武器屋の中とは違い、冷たい風が頬を撫で、シェリルの髪を揺らしていく。

  (気持ちいい……ハクさん今頃何してるのかなぁ……。
  仕事中かなぁ?ギルドにいるのかなぁ?声……聞けるかなぁ……?)

 恋い焦がれる相手を想い、シェリルは空から視線を外し、大地へと向ける。
 と、その瞬間シェリルの体がビクリと跳ね上がった。

  「!?」

  「……。」

 つんつんと跳ねに跳ねた真っ白な短髪に、
 深緑のくりくりとした瞳を持つ何とも可愛らしい小さな男の子が
 シェリルの顔を真近くからじっと見つめていたのである。

  (び……びっくりしたぁぁぁぁぁぁ……。何だろう……この男の子……。)

 表情ひとつ変えず、ただじっとシェリルの瞳を見やる。
 シェリルと男の子は何の言葉を交わす事もなく数分見つめ合った。
 その沈黙に耐えられなくなったシェリルが、なぜか片言の言葉で話す。

  「あ……の……な…………何か……?」

 男の子はシェリルが喋った瞬間、ビクリと体を震わせ、再びじっとシェリルの瞳を見つめる。
 意味の全く分からない男の子の行動に、シェリルは小さく首を傾げた。
 と、その瞬間男の子が喧騒に掻き消されそうな程か細い声を発する。

  「目……痛い……?」

 ゆっくりと左手でシェリルの包帯に巻かれた右目を指す。
 シェリルは自分の右目を右手で押さえ、苦笑して言った。

  「ちょっと……。でも、平気だよ。」

 優しく微笑むシェリルを男の子は再びじっと見つめ、無表情のまま、再びか細い声を出す。

  「左目……綺麗。海とか、空みたいな色……物凄く綺麗……」

  「え……あ、ありがと……うぅ……恥ずかしいよ……」

  「……。」

 男の子に言われた、何の迷いもない言葉にシェリルは頬を赤く染める。
 すると……

  「え……?なに??抱っこ??」

 男の子はシェリルの膝に上ろうと、懸命に手足を動かす。
 だが、身長が足りず、はたから見れば足に抱き着いている様にしか見えなかった。
 そんな光景が微笑ましく、シェリルは男の子の体を抱き上げ、膝に座らせる。

  「これでいい?」

  「……。」

 言葉は発さないものの、大きく首を縦に振った。
 男の子は横向きになった自分の体を動かし、シェリルと対面する。

  「?」

 不思議そうに首を傾げ男の子を見やるシェリルに、次の瞬間温かい暗闇が訪れた。

   ちぅっ

  「ッ?!!」

 シェリルの左目に男の子の柔らかい唇が触れる。
 男の子が唇を離し、シェリルの瞳に光りが戻った。

  「あ……あぅ……?」

 両目をしばたかせながら困惑するシェリルに、男の子は無表情で事もなげに言った。

  「お姉ちゃんの目、物凄く綺麗だったから。我慢出来なくなっちゃった……。
  ごめんね……?……怒った……?」

 最後の方には泣きそうな表情を作り上げ、申し訳なさそうに聞く。
 シェリルは思い切り何度も首を左右に振った。

  「怒ってないよっ!!
  むしろ、綺麗なんて言われて嬉しかった……ありがとう、君の髪も瞳も綺麗だね。」

 そう言って、シェリルは男の子の髪を優しく撫でる。
 さらさらとした髪は、指に絡まる事なくすり抜けた。男の子は自分の髪を見ながら言う。

  「……僕の髪……真っ白だよ……?全然綺麗じゃ……ない……」

 寂しそうな表情に、シェリルは優しく微笑み、
 何の前触れもなく男の子の髪に自分の唇を押し付けた。

  「?!」

 シェリルと似た様な反応で、男の子はキスされた頭部を右手で押さえ、目を瞬かせる。
 そんな男の子に、シェリルは満面の笑みで言った。

  「雪みたいだね。」

  「……雪……」

 シェリルの脳裏に蘇る、海中から見上げた雪。
 ひらひらと美しく舞う雪は海に入ることなく海上で海と同化する。
 儚く、美しい、ある日の光景。
 そんな光景を思い出し、シェリルはまっすぐに男の子を見つめて言った。

  「うん、凄く綺麗だと思うよ。」

 シェリルの掛値なしの言葉に、恥ずかしくなった男の子は、
 自分の髪を両手で押さえシェリルの膝から飛び降りる。
 そして、シェリルの瞳をしっかりと見つめて言った。

  「……嬉しい……初めて……言われた……。お姉ちゃん、ちょっと……ここで待ってて……?」

  「?……構わないけど、どうするの?」

  「…………内緒……。」

 初めて見せた小さな笑顔。シェリルは可愛らしいその笑顔につられ、こくりと頷く。

  「分かった、じゃあ待ってるね。」

 シェリルの言葉に男の子は楽しそうに頷き、小走りで走って行った。


  + 次へ
  + 前へ

スポンサーサイト

*Comment

 

短剣の秘密に驚きです!!

そして、ネスのライバル現る?!(笑

謎の少年、可愛すぎですよっ(*>▽<*ノ
彼とシェリルの素直すぎる会話に
キュンキュンきちゃいましたああああ(≧口≦

ネス、少年にシェリルちゃんの
心をを奪われちゃうぞ★(冗談ですww
  • posted by 燈 青架 
  • URL 
  • 2009.11/11 22:34分 
  • [Edit]

燈様へ 

いらっしゃいませ!

短剣は……ふふふ~♪まだ秘密があったりします(*´д`)b
それはこのターンでは出てきませんが!

ネスに最強のライバルですね(笑)
ハクよりも強いかもしれません!
可愛さ狙いで作った子なので、そう言って頂けると、
物凄く嬉しいです―――ッ!!
純粋同士が会話すると、こんな感じなのかなぁ?とウキウキしながら書きました(笑)

いやいや、本気で奪われちゃうかもしれませんよ~?
一応シェリルは末っ子で、弟とか妹とかいませんから、
抗体がないのです!(ぉぃ?
うっかりしてると、いつの間にやら……なぁんて、あるかもですね★
  • posted by 筱 
  • URL 
  • 2009.11/11 22:49分 
  • [Edit]

 

ちょw謎の少年A!

なんでフラグたててるんでしょう。

はっ、もしかしてこれが幼い子パワー?

そうなのか、そうなのかっ!?

僕もシェリルに…いえすいませんなんでもありませんです。
  • posted by ネミエル 
  • URL 
  • 2009.11/12 01:10分 
  • [Edit]

ネミエル様へ 

いらっしゃいませ!

フラグ立ちましたかね!?
幼子パワーは計り知れないものがありますからねぇ……。
無邪気は犯罪ですよ!犯罪……ッ!!

シェリルは15歳設定ですが、ネミエル様は年下なのでしょうか(*´д`)
年下なら、さぞや可愛がってもらえることでしょう!!
  • posted by 筱 
  • URL 
  • 2009.11/12 05:42分 
  • [Edit]

 

◆おはようです(///ω///)テレテレ♪
 (/ー\*) イヤン♪ライバル少年、可愛いですね。
 まだいろいろと秘密がありそうだし、今後の展開が楽しみです。
  • posted by 蘭陵邑 
  • URL 
  • 2009.11/12 10:51分 
  • [Edit]

 

あの少年は何…?
てか、シェリルとネスは、どこのできたてホカホカのカップルですか!?
ものすっごいかわいすぎます!!
この二人がカップルだったら、ネスは、何年たっても、シェリルの行動にハラハラドキドキさせられてるんだろうなぁ~
とか、思っちゃいました。
でも、早く、シェリルにハクを会わせてあげたいです!!
  • posted by 葵蝶 ひな 
  • URL 
  • 2009.11/12 16:15分 
  • [Edit]

蘭陵邑様へ 

いらっしゃいませ!

こんばんわっ!
ライバル少年、何だかちょっと人気があるようで、嬉しいです(笑)
この少年はシェリルをいろんな意味で助ける少年なので、
かなりの重要人物なのですよ~!
でもあまり出番がないっていう……(汗)

今後の展開……頑張って書いていきたいと思います!
  • posted by 筱 
  • URL 
  • 2009.11/12 23:00分 
  • [Edit]

葵蝶様へ 

いらっしゃいませ!

こんばんわっ!
あの少年は、謎の少年Aですよ★
色々な意味でシェリルを助けてくれる、心のヒーローです!

ネスはシェリルにドキドキしてますが、
シェリルはそんなにドキドキしてないのが難点ですね……。
あまりに鈍いヒロインだと、ヒーロー'sが可哀想なことに(笑)
恐らく、ネスとシェリルがカップルなら葵蝶様のおっしゃる通り、
振り回されっ放しだと思います!!
溜息吐きながらでも、シェリルの言う事聞いちゃうネスが
容易に想像出来てしまいます……(汗)

私も早くハクに合わせてやりたいんです……。
でも、あの野郎は仕事に行っちゃいやがりましてですね……。
まだまだ出会ってくれないのですよ~;;
  • posted by 筱 
  • URL 
  • 2009.11/12 23:13分 
  • [Edit]

 

こんばんはー!謎の少年Aですか?可愛い顔してちゃっかりシェリルにキスとかあなどれないです……!(何)でも、可愛いのでいいです!(何)
少年、これから何をしようというのでしょう?続きも、遅読ですが読ませて頂きますね!

そして、前からファンタジーな武器とか好きだったのですが、最近とあるきっかけにより、自分の中で更にファンタジーブームが起きているので、短剣の描写とかめちゃくちゃ楽しく読ませて頂きました!^^

ではでは、また遊びに参ります~♪
  • posted by 神田夏美 
  • URL 
  • 2009.11/17 20:33分 
  • [Edit]

 

こんばんはー!謎の少年Aですか?可愛い顔してちゃっかりシェリルにキスとかあなどれないです……!(何)でも、可愛いのでいいです(何)
少年、これから何をしようというのでしょう?続きも、遅読ですが読ませて頂きますね!

そして、前からファンタジーな武器とか好きだったのですが、最近自分の中で更にファンタジーブームが巻き起こっているので、短剣の描写とか楽しく読ませて頂きました♪
筱様がお書きになるようなファンタジーが最近すごく好きなのです……vv

では、また読みに参りますねー!^^
  • posted by 神田夏美 
  • URL 
  • 2009.11/17 20:36分 
  • [Edit]

 

すみません、上のコメント、エラーが起こってしまったので、送れていないと思っていたので送り直したのですが、二重の投稿になってしまったようで……!
すみません~><
  • posted by 神田夏美 
  • URL 
  • 2009.11/17 20:49分 
  • [Edit]

神田様へ 

いらっしゃいませ!

こんばんわっ!
全然問題ないですよ~!
気になるならどちらか消しますので、言って下さい!
気にならないならこのままで♪(*´д`)

謎の少年Aは、なかなかやり手ですよ~?
幼さを最大限に生かして、ちゅ~までこぎつけましたからね!!
ネスやハクには絶対に無理な戦法です(笑)
少年Aはシェリルに取って……ピーな存在なのですよ!!
え?音が変?気のせいじゃないですかね★

おおおお!
神田様ファンタジーブームですかっ!!
私は年中ファンタジーブームですよおおおおおっ!
武器とかは細部まで考えるのが好きなのですが、
言葉にする事が苦手で……ってか、部位の名前が分からなくて(汗)
なかなかうまく表現出来ませんが、そう言って頂けると救われます!!

神田様……そんなこと言われたら、
私土砂降りにも限らずお外に出て日本舞踊踊っちゃうくらい浮かれますよ……。
す、少しでも神田様のファンタジーブームの火つけになるよう、
頑張ります!!!!
  • posted by 筱 
  • URL 
  • 2009.11/17 22:10分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

筱

Author:筱
初めまして。
管理人の筱 - シノ - と申します。

現在

『Battle Mermaid』

を綴っています。

どうぞ、
仲良くしてやって下さい!

BlogRanking
↑もし宜しければ、
ひと押しお願いします。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。