冬鳥の詩

+ 夢と妄想で綴るお話 …

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Battle Mermaid 16

 ネスの言う通り、辺りは囲まれていた。
 シェリルの座る大樹を中心に、円形に配置されシェリルとネスを狙っている。
 ネスは草むらから顔を出しているアンデッド達をしっかりと確認し、
 どう対処するかを脳内で組み立てていく。

 不意に、ネスの目の前に一匹のアンデッドが立ちはだかった。

  「……?」

 雰囲気の違うアンデッド。
 肉の腐った臭い、飛び出る内臓、肌の変色した化け物としか言い様のない存在。
 周りを囲むアンデッドと何ら変わりない。だが、雰囲気だけが違った。
 言うなれば、この群れを率いるボス的存在たる雰囲気を醸し出す。
 そのアンデッドは、にちゃりと口を開き、言葉を発した。

  『ニ……ク……餌……』

 言葉を話したアンデッドに、ネスは目を見開く。

  「へ?アンデッドって喋れんのか……?
  んじゃあ話は早ぇ……引け。お前らじゃあ俺には勝てねぇよ。」

  『オマ……エ……強……イ……。』

  「よく分かってんじゃん。」

  『……ソノ……女……美味ソ……う……。』

  「何だ、欲しいのか?残念、俺の知り合いなんでな……貴様らの餌にはしてやれねぇな。」

 にやりと笑みを浮かべたネスに、アンデッドは更に言う。

  『ソノ……女モ……ツ……ヨイ……。』

  「へ?」

  『魔……力……膨大……ナ……マ……リョ……く……。』

 腐った目で見つめられ、元は人間と分かっていながらも、シェリルの背筋には悪寒が走った。
 だが、アンデッドに負けまいと、キッと睨み返し言い放つ。

  「ネ……ネスさんに乱暴しないでッ!怪我させたら……ゆ……許さないからッ!」

 そう言いながら、少しずつ精神力を高め、今すぐにでも詠唱に入れるよう準備を始める。
 アンデッドは獲物であるネスとシェリルを交互に見つめた。
 そして、他のアンデッド達をぐるりと見やり、一言だけ言葉を発する。

  『コロ……セ。』

 その瞬間、二人を囲っていたアンデッドは奇声を上げ、シェリルとネスに襲い掛かった。
 ネスは小さく舌打ちし、槍を構え、シェリルに近いアンデッドから薙ぎ倒して行く。
 槍を突き、払い、割き―――…数が多い為、なかなか減らないものの、
 何の危なげもなくアンデッド達を相手にしていった。

 そんな中、ネスを援護しようとシェリルはゆっくりと目を閉じ、
 ネスに聞こえない様な小さな声で、詠唱を始めた。

  《海王が娘、シェードアディ=リーンフォードリューカス=ルールゥアウンレイドが命ずる……
  言霊に応えよ。я?……ιζλд……†οш……》


 詠唱を始めると、ネスの頭上を中心に大きな水溜りが出来た。
 突然の出来事に、ネスの動きが止まる。

  「な……何だこりゃ?」

  「ネスさん、お気になさらず。」

 目を白黒させるネスに優しく微笑み、ネスに気にしない様促す。
 ネスは訳が分からないまま、ただ襲い来るアンデッドを倒す事に集中した。
 頭上の水溜まりは大きさを増し、
 気付いた時には、シェリルやネス、アンデッド達をすっぽり包める程に広がっていた。
 ネスは頭上が気になりながらも、あまりよそ見をするわけにもいかず、
 ただただ迫り来るアンデッドを薙ぎ払っていく。

 シェリルは準備が出来た事に満足そうに微笑み、最後の言葉を呟いた。

  《解き……放て……》

  「!?」

 その瞬間、水の覆った部分だけにまるでゲリラ豪雨とでも言うかの様な雨が降りしきり、
 雨粒が大地を叩きつける。
 水圧に圧倒されるアンデッド達に紛れ、ネスがシェリルの下に寄った。

  「いてて……ッシェリル……お前……本当に魔法使いだったんだな……。」

 雨粒が予想以上に痛いのか、ネスは体を庇いながら大樹にその身をひそめる。
 木の下に潜り込んだネスは、周りのアンデッド達を見渡した。
 雨に打たれ、身を削られ、逃げ様と試みても外側にいくに連れ、豪雨の力は増す。
 雨を止める為、シェリルを襲おうにもネスに邪魔され近付けない。

  「あはは……酷いですね、信じてくれてなかったんですか?」

 ネスの言葉に苦笑するシェリル。
 そんなシェリルにネスも苦笑を浮かべ、申し訳なさそうに言った。

  「すまねぇ、何か……シェリルってか弱そうだから……。」

  「力がないことを、『か弱い』というのなら、その通りだと思いますよ。
  でも、か弱くても戦えます。」

 きっぱりと言い切ったシェリルに、ネスは優しく微笑んで言う。

  「そっか……俺はシェリルと魔法の力を侮ってたな……。
  皇国育ちで全く魔法に触れてなかったから、どんなものかも知らなかった。
  こんなすげぇもんだったんだな、魔法って。」

 感嘆の声を上げるネスを見上げながら、シェリルは小さく左右に首を振り、
 ネスさんのおかげですと前置きする。

  「魔法は一人じゃ使い辛い物です。詠唱には集中力もいりますから。
  ネスさんが守って下さっていたから出来たことです。」

 綺麗な微笑みを浮かべるシェリルの美しさに、ネスはしばし目を奪われる。
 だが、それもつかの間、ネスはアンデッドの放つ奇声で我へと返るはめとなった。

  『ギィイイイイイイイッ!!』

 ゲリラ豪雨に打たれる中、身を削がれながら死に物狂いで迫り来るアンデッド達。
 現実に引き戻されたネスは、不機嫌そうな顔で槍を振り回し、
 弱り切ったアンデッド達を確実に一匹ずつ仕留めていった―――…


 シェリルもネスもびしょ濡れだった。
 そして、数多にいたアンデッド達は土へと還り、残すところ後一匹となった。
 その最後の一匹、喋るアンデッドも、身を削られ肉を大地に落し、
 よもや立っている事すらままならない程にふらつく。

  「あ~ぁ……お仲間死んじまったぜ?って元から死体だけど……。
  お前の作戦ミスだな。いや、こっちが強すぎたか?まぁ、両方か。
  どうする?逃げる?立ち向かう?」

 ネスの質問に、答える事もなくアンデッドはシェリル目掛けて襲い掛かる。
 鋭い牙を見せ、大きな口を開けたその刹那……

  『グギャァァァァッ!!』

 鋭い一閃がアンデッドの口を貫いた。
 槍が開いた口を捉え、口内を通り頭部を貫く。そのまま槍を横に押しやり、裂いた。
 無惨な光景にシェリルは顔を伏せ、手を組み、
 ただアンデッド達が浄土へ逝ける事を祈るしかなかった。


  + 次へ
  + 前へ

スポンサーサイト

*Comment

なるほど~! 

そうですよね~!
魔法の威力が強くても、詠唱は集中力がいりますもんね(^^ゞ
確かにゲームでもそうだ……って一緒にしたらダメですね、すみません(汗)

しかし…薄着な上にびしょ濡れまでなっちゃったシェリルちゃん♪
もう想像したら(/ω\)ハズカシーィになっちゃいますよ~ッ!

アンデッドにしてみたら膨大な魔力を持つシェリルちゃんのお肉は美味しいのかしら、やっぱり(((( ;゚д゚)))アワワワワ
それとも筋張った(笑)男の肉よりもやわらかそうだからかしら…(;・∀・)
  • posted by 鷹の爪痕 
  • URL 
  • 2009.10/30 23:37分 
  • [Edit]

 

シュリル強いっ!!

そして、ネスもやっぱり強い!!

かっこいいですよ~、たまりませんです!!

続き待っておりますよ~
  • posted by ネミエル 
  • URL 
  • 2009.10/31 00:46分 
  • [Edit]

 

槍使いカッコイイ! 卯月は長柄の武器が好きなので、ネス対アンデッドはかなり((((o゚▽゚)o))) ドキドキ♪てなりました!

シェリルもしっかりがんばってる!
たしかに、詠唱系魔法使いは前衛がいてこそ真価を発揮できるものですよね~♪ これで魔法剣使いのハクがパーティにくわわれば、最強じゃないか…! と考えてしまいます(笑)
  • posted by 卯月 朔 
  • URL 
  • 2009.10/31 19:42分 
  • [Edit]

鷹の爪痕様へ 

いらっしゃいませ!

大丈夫です、鷹の爪痕様!
筱の大半はゲームで出来ています!!
前衛がいてこその後衛ッ
後衛がいてこそ前衛が思い切り戦えるのです(*´д`)b

Tシャツ一枚でびしょ濡れ……
考えればかなり危ない状態ですね……。
相手がネスでよかったってもんですよ!
ネスは余程理性が強いのでしょうね!!

アンデッドにはネスより、シェリルの方が美味しく見えるのでしょう。
柔らかいお肉も、魔力も魅力的なのでしょうね(゚д゚)
恐ろしいものです……ッ!!
  • posted by 筱 
  • URL 
  • 2009.10/31 22:23分 
  • [Edit]

ネミエル様へ 

いらっしゃいませ!

ネスもシェリルも、
現状を戦い抜く事に必死な様です(笑)

二人をカッコいいと言って下さって有難う御座います!
シェリルとネスの強さは、これからもいたるところで発揮されると思います!
これからも生温かく見守ってやって下さい_(._.)_
  • posted by 筱 
  • URL 
  • 2009.10/31 22:32分 
  • [Edit]

卯月様へ 

いらっしゃいませ!

初めて小説で槍を出してみました(笑)
以前、卯月様のブログで紹介されていました、
【薄桜鬼】をプレイしまして、
その中の左之さんがカッコよすぎで……!!
それ見て槍を出してみようかと(*´д`)

前衛がいてこそ、後衛も生きてくるんですよね!!
前衛、中衛、後衛のパーティがいいですよね!!!
ハクが中衛になるかと言われれば怪しいですが(笑)
卯月様のおっしゃる通り、最強パーティになればいいのですが!(´・ω・`)
  • posted by 筱 
  • URL 
  • 2009.10/31 22:50分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

筱

Author:筱
初めまして。
管理人の筱 - シノ - と申します。

現在

『Battle Mermaid』

を綴っています。

どうぞ、
仲良くしてやって下さい!

BlogRanking
↑もし宜しければ、
ひと押しお願いします。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。