冬鳥の詩

+ 夢と妄想で綴るお話 …

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Battle Mermaid 13

  『ギャルルルルルル……』

  『グルルゥウウウ……』

  『グゲェェェェッ!』

  『ギィ……ギギギキィ……』

 突如シェリルの周りから聞こえた悪寒の走る声。そして、顔をしかめたくなる程の腐臭。
 シェリルはゆっくりと当たりを見回す。
 そこには、血の臭いを嗅ぎ付けた夜の番人達が獲物を前に涎を滴らせていた。

  (アンデッド……肉が腐って蛆が沸いてる……。
  気持ち悪いけど……元は人間だったんだよね。)

 シェリルはアンデッドを前に悲しみの表情を作り上げる。
 そして、ずるずると足を引きずって近付くアンデッド達に優しく言った。

  「すぐ、楽にしてあげるから。」

 微笑を浮かべ、両手を前へ出し、小さな声で何やら詠唱を始める。

  《海王が娘、シェードアディ=リーンフォードリューカス=ルールゥアウンレイドが命ずる……
  言霊に応えよ。¢я……ιυλ?……Ψв……》


 この外界の物ではない言葉を呟き終えたその瞬間、
 シェリルの前に幾つもの水の球が浮かび上がる。
 それはスイカ程の大きさをし、シャボン玉の様にふわふわと浮く。
 アンデッド達は目の前の獲物以外には興味が無いのか、シャボン玉を無視し、
 壮絶な金切り声でシェリルへと迫った。
 それでも、不利なはずのシェリルは優しく笑い、迫り来るアンデッド達に向け、
 最後の言葉を呟く。

  《解き……放て》

 その瞬間、シェリルの周囲に浮かんだ水の球は、四方八方に槍の様な鋭い水を放出する。
 圧縮され、撃ち出された水はアンデッド達の体を射抜き、そこから体をただれさせていく。
 アンデッド達の絶叫に、シェリルは目をつむり、両手を胸の前で組み、安らかな祈りを捧げた。

  (酸の水が一番苦しまずに逝けるから……。我慢して……アンデッド達……。)

 次第に薄れる叫び声。声が消え、シェリルはゆっくりと大きな目を開き、辺りを覗う。
 そこには数欠片の肉の破片が散らばるだけとなった。
 静寂が広がり、先程と同じ不気味な動物の鳴き声が聞こえる。
 命の危機を脱したシェリルは安堵を得る。水の球を消し、深く溜息を吐いた。

  「さ……行こう。」

 ゆっくりと立ち上がり、一歩踏み出す。だが―――…

  「きゃぅっ!」

 力の入らない不慣れな人間の足では、もう動く事は叶わなかった。
 痛み、疲労、眠気……様々な負の要素に襲われ、シェリルは倒れたまま動かない。

  (うぅ……こんな所で倒れてたら、またアンデット達が来ちゃう……早く……行かなきゃ……)

 何度となく力を入れ、立ち上がろうと試みる。
 だが、足には全く力が入らず、ずるずると這って進んだ。

  (いたたた……あ~ぁぁ……傷だらけ……。自分の傷は自分じゃ治せないのに……。)

 石や蔓に次々と切り付けられていくシェリルの体は、もうボロボロだった。
 美しかったはずの肌はその面影すら残さず傷付き、真っ赤に染まっていた。
 数分這った頃、不意にシェリルの前に何かが立ちはだかった。
 シェリルの瞳に映るのは腐敗した足。

 嫌な予感しかしなかった。

 考えられるものはひとつしかなかった。


  ― あぁ…… ―


 シェリルは首を上げ、上を見やる。
 そこには、目玉を跳び出させ腐った肉を大地へ、そしてシェリルの顔へと滴らせる、
 アンデッドがいた。


  ― 私…… ―


 アンデッドはゆっくりと右手を上げ、変色した鋭い爪を立てる。


  ― 死ぬんだ―――… ―


 シェリルの耳に聞こえてきた、風を切る音。
 ゆっくりと目を閉じ、愛しい人の顔を思い浮かべ、小さく笑う。
 そして、次の瞬間―――…

   ザクッ


  + 次へ
  + 前へ

スポンサーサイト

*Comment

ほれ見たことか~!! 

やっぱり襲われちゃったよ、シェリルちゃん!
でもさすがに強い、強いですよ!!
やっぱ魔法の力はすごいですねッ(*^ー゚)b

そしてまた優しいし…
私だったら間違いなく「うははははは~!滅びるがいい!!」と言ってそうです(;・∀・)

しかし…最後に出てきたザクッの人は誰でしょうッ!?
ネス?ハク?それとも新たな別の人!?

続きが気になりますよぅ…(゚Д゚;
  • posted by 鷹の爪痕 
  • URL 
  • 2009.10/27 21:13分 
  • [Edit]

鷹の爪痕様へ 

いらっしゃいませ!

変質者だったらまだよかったのかもしれませんが、
生憎ながらアンデッドでした(笑)
直接的な意味で。本気で。食われちゃいます(*´д`)

ですが、
いつでも慈愛の精神を忘れず、人間大好きなシェリルは死体にも優しかった(笑)
私も鷹の爪痕様同様、高笑いしながらアンデッド踏み付けてそうです(´・ω・`)
シェリルみたいな優しさは私にはありませんでした!!

ザクッの相手……
誰かがアンデッドを刺したのか、それともシェリルが刺されたのか……。
ネスが助けに来たのか、ハクが助けに来たのか……
それとも自力で逃げたか(笑)
擬音語って素敵ですね(*´д`*)
  • posted by 筱 
  • URL 
  • 2009.10/27 22:17分 
  • [Edit]

 

だから言ったじゃないですかぁ…(´;ェ;`)ウゥ・・・
…まぁ、今更ですが^^;

しかし、主人公のピンチ描写(?)相変わらず上手いですねぇ…そう思って振り返ると、ウチのキャラがピンチになる時って、大抵エロ入ってるなぁ><
色々勉強させてもらいますφ(。。;)メモメモ

P.S. なかなかご訪問できず、どんどん遅れていってしまって申し訳ありません><
ゆっくりですが、また伺いますので…(;^_^A アセアセ
  • posted by rum_bulion 
  • URL 
  • 2009.11/22 14:05分 
  • [Edit]

rum様へ 

いらっしゃいませ!

こんばんわっ!
シェリルは思ったらすぐ行動なので、言っても聞きません(笑)
自分がやりたいと思ったらすぐ行っちゃいます(笑)

ピンチ描写いい感じですかね!?
毎回悩むのです……死ぬギリギリまでどうやって追い詰めるとか……(ぇ?
勉強なんてとんでもないお話ですよ……!!
Battle Mermaidでは恋愛も含んでいるので、
rum様宅の様に少しでも色っぽいシーンがあればいいのですが、なかなか……(汗)
ヒロインが純粋、ヒーロー共が初心過ぎてどうしようもないです……。

そんなっ!むしろ、お忙しい中でのご来訪、本当に有難う御座います!
こんな拙い小説ですが、気が向いた時にでも、
のんびり読んでやって下さいまし!_(._.)_
  • posted by 筱 
  • URL 
  • 2009.11/22 17:45分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

筱

Author:筱
初めまして。
管理人の筱 - シノ - と申します。

現在

『Battle Mermaid』

を綴っています。

どうぞ、
仲良くしてやって下さい!

BlogRanking
↑もし宜しければ、
ひと押しお願いします。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。