冬鳥の詩

+ 夢と妄想で綴るお話 …

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Battle Mermaid 09

 小さな声で語られるシェリルの話を黙って聞くネス。
 聞き終えた時には月は傾き、時刻は0時を過ぎてしまっていた。
 ネスはシェリルに聞いた話を頭の中で纏め、言う。

  「つまり……シェリルは船で出会った男に恋をして、追い掛けて来たと……。
  しかも名前以外分からず、何の情報も無しに……か……。」

  「は……はい……。」

  「一途だねぇ……。一途なのはいい事だと思うが……無謀って言葉も当てはまる。
  何であんな岩場で転がってたのかは知らねぇけど、
  夜になったらアンデッドが出るって分かりきってる事だろ?
  それに、さっきもそうだが……女一人で出歩くご時世じゃねぇんだ。
  見たところ武器も持ってねぇし……ってか真っ裸だったし……そんなんじゃ軽く死んじまうぞ。」

 少し顔が赤くなったネス。
 だが、声を小さくした部分はシェリルには聞こえていないのか、
 差し出されたお茶をちびちびと飲みながら答えた。

  「私は武器は使えませんが、魔法が使えます。だからきっとアンデッドも平気です。」

 その言葉にネスは目を大きく見開いた。

  「魔法って……シェリルは魔国『ユグドラ』の出身なのか?」

 ネスは驚いてそう聞くが、シェリルはどう答えればいいのかと困惑の表情を示す。
 外界の情報は父親であるガドットから少しだけ聞いてはいたが、
 細かい事やここが何処であるのかすらも分からない。
 シェリルは泣いてしまいそうな表情を浮かべ、ネスに申し訳なさそうに言う。

  「あの……私、かなり田舎の方で暮してまして……
  この世界の事、よく知らないと言いますか……あの……えっと……」

 しどろもどろになるシェリルに、ネスはさらに大きく目を見開く。

  「よく知らないって……どんだけ田舎なんだよ……。
  どんな小さな村でも、皇国『リムドア』か魔国『ユグドラ』に所属してるもんだと思ってたが……」

  「えっと……か、かなり奥の方で……細かい事も大まかな事もよく知らなくて……」

  「はぁ?……今世界がどうなってるとか分かってるか?アンデット見たことある??
  ……まぁいい、俺がこの世界の事を全部教えてやる。心して聞くがよい♪」

 最後は冗談ぽく偉ぶる。
 シェリルは目を輝かせ、何度もネスに頷いて見せた。
 ネスは一度咳払いして語り始める。


   この世界『グァンデル』は、大きく分けてふたつの大陸がある。

   ひとつは剣の国……皇国『リムドア』が治めるリムディリア大陸。
   もうひとつは魔法の国……魔国『ユグドラ』が治めるユグドラシア大陸。

   ふたつの大陸は大海を隔て、完全に孤立した状態にあった。
   干渉し得ないはずのふたつの国は、ある年を境に争いを始めた。

   争いの原因 ―――… それは飢餓。

   剣の国、皇国『リムドア』は人口の増え過ぎと、海が荒れ、
   魚が取れなくなったことで食料を自給出来なくなり、
   何千人、何万人をも超える餓死者を出した。

   その時……目を付けたのが魔法の国、魔国『ユグドラ』。
   魔国『ユグドラ』は大地が緑に溢れ、食糧が枯渇する事はほとんどない。
   それに加え、政治能力の長けた人間が上に君臨し、人間の増加を抑え、
   食糧や生活に事欠かない程の人口を常に保っている。
   皇国『リムドア』より賢かった。

   そんな魔国『ユグドラ』に、皇国『リムドア』は何の予告も無しに攻め入った。
   これが…… 【 第一次 剣魔大戦争 】 と呼ばれるものだった。

   皇国『リムドア』と魔国『ユグドラ』は一進一退の戦争をしていた。

   ある時は魔国『ユグドラ』が勝利し、防衛出来たことに心から喜び、
   ある時は皇国『リムドア』が勝利し、勝利出来たことに心から喜ぶ。

   だが、皇国『リムドア』は勝利しても、
   さらにそこから魔国『ユグドラ』を乗っ取る力が無かった。
   完全な兵士不足だった。
   魔国『ユグドラ』も、戦争での代価は大きく、何人もの有能な魔法使いを失い、
   皇国『リムドア』を滅する力は残っていなかった。

   そして、最後の戦争となった 【 第十四次 剣魔大戦争 】 ……。
   第十三次 剣魔大戦争で上位魔法使いの大半を失った魔国『ユグドラ』は焦る。
   沢山の魔法使いを失い、さらに民衆まで失う事を恐れた魔国『ユグドラ』の上部は、
   遂に決心した。長年封印されていた禁術を解き放つ事を。

   【 死竜 アンデッドドラゴン 】

   残っている全上位魔法使いを集め、アンデッドドラゴンを召喚。
   そして大差を付け、魔国『ユグドラ』は勝利した。
   だが、ここから本当の悲劇は始まる―――…


  + 次へ
  + 前へ

スポンサーサイト

*Comment

ネス、いい人だ…(;つД`) 

うんうん、それでッ!?

…とシェリル並みに一所懸命話に入り込んでいた私です(^^ゞ

ネスだって、可愛いシェリルちゃんが目をきらきらさせながら話を聞いてくれるとなると、そりゃあ話も弾むってもんですよ(笑)

私だったら一日中でも話してますよ、えぇ(爆)

>一途なのはいい事だと思うが……無謀って言葉も当てはまる。

オォッッ!!
まさに的を射た言葉です、筱さまッヾ( *・ω・)ノ
確かにそうですよねぇ…一途と無謀……なるほど納得です!!

さすが筱さま…ハッと気付かされる表現には本当に感服致します(;・∀・)
  • posted by 鷹の爪痕 
  • URL 
  • 2009.10/23 22:27分 
  • [Edit]

 

ですよね。
シュリルって別の言い方すれば
ヤンデr(殴

失礼しましたorz

ほうほう、このときの世界はこういう
事になっているのですか・・・

複雑ですね・・・
  • posted by ネミエル 
  • URL 
  • 2009.10/23 23:51分 
  • [Edit]

 

世界観の説明って、なかなか難しいですorz

僕の小説は世界観がうまくイメージできますでしょうかwww


国同士の争いって燃えますよね。

こう、某Fateのセイバーみたいな隊長が剣を高く振りかざして、「かかれぇぇぇぇえええええええええええええええ」

みたいな。(笑

で、何万人っていう大集団がぶつかり合うわけです。

かっこいい・・・・
  • posted by そのちー 
  • URL 
  • 2009.10/23 23:54分 
  • [Edit]

鷹の爪痕様へ 

いらっしゃいませ!

シェリル的には、全く知らない外界の事を教えてくれるのですから
そりゃあもう、必死に聞いてるんでしょうね(笑)
海と陸は異世界と言っても過言ではないくらい世界が違います。

シェリルが一生懸命聞いてくれたら、
私も一生懸命話すかもしれません(笑)
分かる?とか、分からなかったら聞いてね?
とか、ついて来れてるか心配で、ついつい言っちゃいそうです(*´д`*)

一途と無謀は違うんだよぉぉぉっ!!!
って言うのは、高校時代の友達がよく言ってました(笑)
あ、私にじゃないですよ★
でも、一途と無謀もそうですが、勇気と無謀も似て非なるものですよね!
  • posted by 筱 
  • URL 
  • 2009.10/24 11:53分 
  • [Edit]

ネミエル様へ 

いらっしゃいませ!

ヤンデレですか!!
まぁ、ツンデレでは確実にないので、
ネミエル様の仰る通り、属性はヤンデレでいきましょう☆(ぉぃ?

世界観はですね~…超簡単に説明しますと

剣の国がありました。
魔法の国がありました。
剣の国が飢餓に陥りました。
食糧が必要になったので魔法の国を襲いました。
剣の国に襲われて、いっぱい死者を出した魔法の国が、
必死になって最終兵器を呼び出して、
剣の国を打ち破りました。

です(笑)
んで、この呼び出しちゃった最終兵器が~……
ってのが今の所の世界観です。
ほら、簡単でしょう?(*´д`*)b
  • posted by 筱 
  • URL 
  • 2009.10/24 11:58分 
  • [Edit]

そのちー様へ 

いらっしゃいませ!

世界観の表し方に非常に頭を悩ませました(笑)
一気に説明してしまうのか、
少しずつ説明していくのか……。

結果、少しずつだと私が忘れちゃいそう★(ぉぃ? なので、
一気に説明する形になりました(笑)
で、足りないところは少しずつお話しの中で補っていこうかと(´゚д゚)

そのちー様の小説の世界観、理解出来てますよ!
ばっちりです!って言いながら、間違ってたらどうしよう(汗)
わ……私になりには理解出来てます!!(*・д・*)

セイバーって聞いたことが(笑)
あれって国同士の争いなのですね!
ライダーとか出てくるやつですっけ?(うろ覚え)
レッドクリフとかが大好きなので、
私も国同士の戦いを愛してやまなかったりします(笑)
迫力が凄いですよね!!
  • posted by 筱 
  • URL 
  • 2009.10/24 12:06分 
  • [Edit]

 

>…ってか真っ裸だったし…
…が小声になるあたりが可愛いっ♪
絶対に頭の中で反芻してましたよねっ?(*ノノ)キャ

そして、とうとうアンデッドドラゴンがっ!?
>だが、ここから本当の悲劇は始まる―――…
どうなるのっ…((o(б_б;)o))ドキドキ
  • posted by rum_bulion 
  • URL 
  • 2009.11/09 21:18分 
  • [Edit]

rum様へ 

いらっしゃいませ!

ネスは初心な子ですからね……。
きっとシェリルの倒れている姿を思い出してしまったのでしょう!!
多分、超絶恥ずかしいはずですよ!(笑)

09、10は世界観のお話をめいいっぱい詰め込みましたので、
読みにくかったらすみません(汗)
アンデッドドラゴン……グァンデル世界の災厄です!
んもう、好き勝手ですよ(激汗)
  • posted by 筱 
  • URL 
  • 2009.11/09 23:55分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

筱

Author:筱
初めまして。
管理人の筱 - シノ - と申します。

現在

『Battle Mermaid』

を綴っています。

どうぞ、
仲良くしてやって下さい!

BlogRanking
↑もし宜しければ、
ひと押しお願いします。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。