冬鳥の詩

+ 夢と妄想で綴るお話 …

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Battle Mermaid 02

 洞窟から出たシェリルは大きな岩場に腰掛けていた。
 綺麗な青色と緑色の混ざったきらきらと輝く尾をゆっくりと振り、ぼんやりとしている。

 シェリルは姉妹の中で一番愛らしいと言われている人魚だった。
 美しい深緑の腰まである長い髪に、澄渡った海と同じ青い瞳。
 くりくりとしたその大きな目は、見る者の心を一瞬で奪ってしまう。
 喋るだけで歌っているのと勘違いしてしまいそうな優美な声は、すとんと心に落ち、
 聞いているだけで、安堵を得る事が出来る。
 しっとりとしたきめ細かい柔肌は、日に当たる事など知らないという程に白かった。

  (今日は外の海、凄く荒れてるんだなぁ……あ、あれ船かな?
  こんな悪天候なのに、人間って海に出るんだ……命知らずだなぁ。)

 岩場に寝そべり、やる気のない瞳で上を見やる。
 この岩場から外界へは、比較的近く、天候や状況が海の底からでも見て取れる。
 シェリルの瞳に映る船底、曇天の空、打ちつける雨、そしてゆっくりゆっくり落ちてくる―――…

  (ん?何あれ……ゴミ……?じゃないよね?もしかして……人?!)

 シェリルは目を見開いた。
 慌てて尾を振り、ゴミと勘違いした人間の傍へと泳ぐ。
 男はふたつの剣をしっかりと握り締めたまま気絶している。

  「だっ……大丈夫ですか?!」

 声を掛けても反応は無く、呼吸すらも止まっていた。

  (まだ温かい……でも、このままだと溺れ死んじゃう……早く陸に上げてあげなきゃ!)

 キッと気を引き締め、シェリルは男を抱き、剣を男の腰に掛け、
 尾を振れる限り振り外を目指す。
 外に近付くに連れ、轟音鳴り響き、波の抵抗を受け始めた。
 だが、シェリルはそれでも空気のある外を目指し、懸命に泳いだ。
 そして ―――…

  「大丈夫ですか?!外です、息……お願いだから息して下さい!」
 
 傍にあった岩場まで泳ぎ、男の体を岩へと預ける。
 懸命に背中を叩き、呼吸する様に促した。と、その瞬間……

  「がふっ……げほっ、げほっ……」

 男の口から大量に水が吐かれ、苦しそうに呼吸を始めた。
 シェリルの顔に安堵の笑みが零れる。
 男は苦しそうな顔で数回咳をした後、穏やかな顔で意識を失っていた。
 命の危険性が去った事に心から喜ぶシェリル。
 岩場から海の中へと入り、そっと男の様子を見つめていた。

  (……綺麗な人だなぁ。白銀の髪も整った顔も……どんな目の色してるんだろう。
  どんな性格なんだろう、どんな声してるんだろう…………カッコいいなぁ……。)

 綺麗な男の顔にうっとりと見とれていると、不意に後方から何やら音が聞こえてきた。
 恐る恐る振り返ると、そこには大きな船が。
 甲板に数人の男が立ち、何かを懸命に探している。

  (人間……あんまり係わっちゃ駄目だって言われてるし……逃げておこうかな。)

 シェリルは海の中へと姿を消す。
 海中から上を見上げ、船底と、男を置いた岩を交互に見つめる。
 何やら船の方から声が聞こえてきた。

  「いたぞーッ!ハクだ!ハクがいた!!助けるんだ!!」

  「おぉぉ、何て運の強い奴だ……!」

 船は岩場に寄り、ハクと呼ばれた男を救出する。
 その光景に、もう大丈夫だと安堵したシェリルは優しく微笑んでいた。

  (ハクさんって言うんだぁ……私も彼の顔、もっと見ていたいなぁ……。
  私が人間だったら、彼の傍に入れるのかなぁ?)

 微笑んでいた顔は一転、何とも寂しそうなものへと変わる。
 そして何かを思い出したかの様に、にんまりとした笑顔を作った。

  (お父様に頼んでみよう!)

 シェリルはうきうきとした気分で、ガドットと姉達の居る洞窟へと泳いで行った―――…


  + 次へ
  + 前へ

スポンサーサイト

*Comment

 

出逢った―――――っ(ノ≧▽≦)ノキャワワワワッ❤

ハクを助けるために、必死に泳ぐシェリルの姿がかわいくって、かわいくって…! というか船員さんたち見つけるの早すぎだからっ、もっと低体温症ギリギリいっぱいまでシェリルと二人きりにさせてあげればよかったのにっっ( ´Д`)=○≡≡≡愛愛愛)Д`)グシャ ←おいっ;

ふたりはいったん、離れ離れ…そしてシェリルはお父様にかなりハードルの高いお願いをしようとしていますね!(笑) お父さん泣いちゃうよたぶんそれ!? いや、でも王様ともなれば『お父さん』の器がちがうのか、うむぅ…?
  • posted by 卯月 朔 
  • URL 
  • 2009.10/16 21:58分 
  • [Edit]

卯月様へ 

いらっしゃいませ!

出会っちゃいました~ッ!
でも、ハクの方は気絶してて気付いてませんからねぇ……(汗)

シェリルは優しい子ですから、人間だろうが何だろうが、
危なくなったら助けちゃいます(*´д`*)

二人の出会いを引き裂くのは船員さん達の役目ですから★
二人は再び出会う事が出来るのかッ!?
お父様はシェリルの願いを叶えてくれるのでしょうかね(´・ω・`)
私だったら……
何処の馬の骨とも分からん男に、大切な娘をやれるかぁぁぁっ!
って言っちゃいそうです(爆)
  • posted by 筱 
  • URL 
  • 2009.10/16 23:01分 
  • [Edit]

 

ハク助けましたね~
そして美しく恋に落ちましたねw
何でしょう、このフラグっ!

僕もおぼれたときにシュリルに助けてほしいものですw
  • posted by ネミエル 
  • URL 
  • 2009.10/17 00:24分 
  • [Edit]

きましたね~っ!! 

来ましたね~~ッ!!
二人?の初めての出会い(〃▽〃)

あぁ…これからどのように展開するのでしょうッ!?
もちろんお父様は反対するでしょうし…

いやしかし…「喋るだけで歌っているのと勘違いしてしまいそうな優美な声」とは何とも羨ましい…(*´д`;)…
オンチな私はその声ゲットしたいです!!(いや、声だけじゃダメなんですけどね 汗)
あ、でも先に魔女に取られるのかしら……(^^ゞ

でもオンチでも歌うの好きなんだなぁ、これが(笑)
  • posted by 鷹の爪痕 
  • URL 
  • 2009.10/17 00:39分 
  • [Edit]

ネミエル様へ 

いらっしゃいませ!

立った……フラグが立った!!(by アルプスの少女より…)

まさに、the 人魚姫☆ですよ(笑)
滅多に人魚姫らしいところがない分、
こういうシーンは盗みまくりです!

いったんゴミと間違えられますけど、構いませんかね!?
それでよろしければ、きっとシェリルは必死に助けてくれますよ♪
  • posted by 筱 
  • URL 
  • 2009.10/17 09:44分 
  • [Edit]

鷹の爪痕様へ 

いらっしゃいませ!

船員さん達に邪魔されはしたものの、
片っぽは意識不明だけれども、
ちゃんと出会ってくれました!!!

お父様は娘's溺愛してますからね……親馬鹿デス★

人魚はもともと美声で有名な生き物ですから、
そこは外せませんでした(笑)
童話、人魚姫では声を奪われてしまいますけども……
さてさて『Battle Mermaid』ではどうなることやら♪

私も音痴ですけど、歌すきですよ(*´д`*)
仲間ですね!!
  • posted by 筱 
  • URL 
  • 2009.10/17 09:56分 
  • [Edit]

 

出会った!…のでしょうか?ハクは意識の無い状態だし><
…すぐに船員に見つけられちゃうし^^;

再会するにはシェリルが人間に…!?Σ

しかし、さっきまで「何も望みません」と言っていた愛娘が、そんな大それたお願いをしてきたら…ガドパパ、卒倒してしまうのでは!?( ┰_┰)
  • posted by rum_bulion 
  • URL 
  • 2009.10/23 10:02分 
  • [Edit]

rum様へ 

いらっしゃいませ!

一応出会いました!ハクは気絶状態ですね。
船員さん達が丁度よさ気な所で邪魔するし……
最低ですね★

人間になる以外、再び出会う道はない……
シェリルが考えた末に、父親にお願い!!
さぁ、どうするガドットパパッ!!!
私だったら卒倒どころじゃすまないかもしれません(笑)
  • posted by 筱 
  • URL 
  • 2009.10/23 20:51分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

筱

Author:筱
初めまして。
管理人の筱 - シノ - と申します。

現在

『Battle Mermaid』

を綴っています。

どうぞ、
仲良くしてやって下さい!

BlogRanking
↑もし宜しければ、
ひと押しお願いします。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。