冬鳥の詩

+ 夢と妄想で綴るお話 …

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛しのサンタクロース 05

 ギルドに入ると、人、人、人で溢れ返っていた。
 アデットは昼から準備していた料理を表に出し、男達の腹を満たしていく。
 忙しそうに動き回る中、一瞬だけシェリルを視界に入れたかと思うと、
 アデットは満面の笑みでシェリルに聞いた。

  「50人、集まったか!?」

 その言葉に、シェリルも満面の笑みと、50人分の受付用紙を見せ大きく頷いた。
 アデットはその喜ばしい返答に、思い切りシェリルを抱き締める。

  「お嬢ちゃん!!お前最高だッ!!よくやってくれた!!
  さぁ、風呂に入ってこい!あ……悪いが、今日一日中それ着ててくんねぇかな……?
  他の奴らがお嬢ちゃんのサンタクロース姿を楽しみに待ってやがんだよ……。」

  「あ、はい。分かりました。」

 シェリルがにこやかな顔で頷く。が、その後ろでネスはすこぶる不機嫌そうな顔で立っていた。
 そんなネスに気付いたアデットは、慌ててシェリルに風呂場へ行くよう促す。
 シェリルは大きく頷き、受付用紙をカウンターに置いて、
 騒ぎたてる男達の中を掻い潜って風呂場へと向かった。
 アデットは少し休憩とばかりに壁に寄りかかり、ネスに聞く。

  「なぁに不機嫌そうな面してんだよ。せっかく50人集まったんだ。
  こんないい日にそんな面してちゃいけねぇぞ?」

 アデットの言葉に、ネスは訝しげな顔を浮かべ小さく舌打ちをして言った。

  「不機嫌な面になるほど嫌な事が色々とあってな。
  ってか、シェリルをあの格好のままいさせるって、何考えてんだよ。」

  「なんだよ~?可愛いじゃねぇか。お前、コスプレに興味ねぇの?」

  「……可愛いとは思うが、露出度高過ぎだ。
  さっむい中、あんな格好でずーっと頑張ってたんだぞ?風邪でも引いたらどうすんだよ。」

  「それは悪かったってば……。でもあれしかなかったんだ。」

 溜息交じりに言うアデットに、ネスは不機嫌そうな顔を変えず、深い溜息を吐く。

  「最後の最後には男色野郎に絡まれるし……最悪だぞ。」

  「だ……だんしょく……?」

 ネスの言葉に目を見開いたアデット。
 ネスは先程のテディと名乗った男を思い出し、苛立った様子でアデットに話した。

  「あぁ、50人目の客に男色の気があったんだよ。
  俺に詰め寄って顔近付けてきやがって……あああぁぁぁっ!!気色わりぃ!!

 思い出した先程の光景に思わず声を荒げたネスを、アデットは背を擦って落ち着かせる。

  「お、おい……大丈夫か?……その、男色野郎の名前はなんて言うんだ?」

  「ん……?あー……えーっと確か……テディエトール……だったかな?」

 その名前を聞いた瞬間、アデットが固まった。
 口をぱくぱくと開き、何か必死に伝えようとネスを見やる。
 ネスは首を傾げ、眉をひそめる。

  「なんだよ?」

  「テディエトール……?ほ……本当か……?」

  「こんなので嘘吐くかよ。知ってんのか?男色野郎のこと。」

 アデットはネスの顔をしっかりと見つめ、ぱくぱくと口を開いて言った。

  「テディエトール……本名はテディエトール=ルオン=リムリディア……。
  リムリディア大陸を統べる……この皇国の……皇帝の名だ。」

  「………………は?」

 ネスはアデットの顔を見て焦る。
 『皇帝』という名には不釣り合いなほど若かったことを思い出し、アデットに言った。

  「まっ……どう見ても、25くらいだったぞ!?」

  「以前の皇帝は怖くなって逃げたんだよ。
  政治、アンデッドドラゴン、魔国……息子に全部押し付けてな。
  だから、今は息子が皇帝なんだ。」

  「マジかよ…………ってか、皇帝が男色って問題があるんじゃねぇの……?」

  「まぁ……。でも、何で皇帝がギルドに……?しかし、ネスを気に入るとはな……。
  もしかしたら、次からはお前の色仕掛けで―――…」

  「アデット……本気で殺すぞ……?」

 軽く殺気を放ちながら言うネスに、本気を感じ取ったアデットはそれ以降口をつぐんだ。


 しばらくすると、先ほどと同じミニスカートに胸元の大きく開いたサンタ衣装を着、
 小走りでネスの下へと寄ってくる。ミニスカートが揺れ危うくパンツが見えそうになる。
 ネスは自分の下を走ってきたシェリルを男達の目から隠した。

  「シェリル、走るな。スカートが……」

  「えへへ、あったかくなったよ♪ぽかぽか!」

 ネスの言葉が聞こえていないのか、満面の笑みを浮かべ自分の手をネスの頬に当てる。
 シェリルの温もった体温がネスの頬へ伝った。ネスは少しだけ顔を赤くして言う。

  「あ……あぁ……よかった……。ほ、ほら、シェリルもパーティー楽しめ。
  好きなの食って来いよ。」

 優しい表情を浮かべたネスの顔に、何かを思い出したシェリルはアデットの方を向いた。

  「アデットさんっ!アレ!!」

  「あぁ、そうだな。もういいだろう。ほら、おいで。」

 二人会話の意味が分からず、ネスは小さく首を傾げた。
 シェリルは元気な声で嬉しそうに言う。

  「ネス!ちょっとここで待っててね♪」

  「お、おう?」

 シェリルの満面の笑みに負け、
 ネスは壁に寄りかかりながらアデットについていくシェリルを目で追った。


  + 次へ
  + 前へ

スポンサーサイト

*Comment

NoTitle 

本編とのギャップがありすぎて

なぜか爆笑がとまらない僕がいます。

いや、だってw

篠さんならわかるはずっ!

いままでまじめだと思っていたキャラが崩壊するんですからw

おじいちゃんが突然踊りだすぐらい面白いんです、はいw
  • posted by ネミエル 
  • URL 
  • 2009.12/17 22:34分 
  • [Edit]

NoTitle 

やっぱりテディは皇帝陛下だった――――――っ(((ノ≧▽≦)ノキャッポー❤
でも男色…リムドア皇室存亡の危機だしっ!!(笑)

じつは『皇帝』という響きに果てしないロマンを感じてグラッグラきてしまう卯月です♪ あんな愉快な陛下なら、側近はムリでもお世話役とかになりたい! で、皇宮のメイドさんたちとかげで陛下の恋愛事情について噂話に華を咲かせたりしたらすごく楽しそうっ(o_ _)ノ彡☆笑。
すみません妄想がとまりません爆www

皇国上層部は嫌いだけど、トップは好きだなあ…むしろ好きすぎるテディ陛下!!(*ノωノ)キャー❤

……えーと、勢いにまかせて乱文すみませんorz
あと卯月はぜんぜん腐ってないですからねお姉様ーっ;汗汗 ただちょっとBL属性のキャラが好きなだけです!!(微妙…)

それにしても、ハク……いずこへ(* >ω<)=3 プー
  • posted by 卯月 朔 
  • URL 
  • 2009.12/17 22:45分 
  • [Edit]

NoTitle 

ふぎゃあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
し、篠さん!!
これは、これはズルいですよ~ww
やばくツボにドボーンです(><

まさか、あんな方が皇帝陛下っ!!
腹がよじれちゃいますよ~
アデットさんもネスになんてコトをさせようとしてるんですかww

さすがシェリルちゃん、スカート着てても無防備。
保護者・ネス降臨でしたしww

・・・・・・あれ??ハクは??
我らがオレ様ヒーロー・ハクはどこに~??

まとまってなくて、毎回すみませ~んっ(T▽T人
  • posted by 燈 青架 
  • URL 
  • 2009.12/17 22:56分 
  • [Edit]

ネミエル様へ 

いらっしゃいませ!

こんばんわッ!
本編とのギャップはかなりありますね……(汗)
ネスもハクも暴走の一途をたどってますし(´゚д゚)
爆笑して頂けているのであれば、作者としてそれに勝る喜びはありません!

真面目キャラの崩壊は書いていてとても楽しいですよ♪
「おぉ……ついに壊れた……」とか思いながら書いてます(笑)
こういう企画は好き放題出来ていいですね★
  • posted by 筱 
  • URL 
  • 2009.12/18 06:29分 
  • [Edit]

卯月様へ 

いらっしゃいませ!

こんばんわッ!
ふふふ~♪そうです、テディは皇帝でした(*´д`)
卯月様ったら、なんて勘が鋭いんでしょっ!

卯月様のおっしゃる通り、たぶん皇国『リムドア』は存亡の危機だと思います(笑)
側近どもが無理やり子供だけ作らせるかもしれませんが、
多分テディ自身は凄く興味がないでしょうね(笑)
ネス一筋だし☆

テディに仕えるとなったら大変なことになりますよ~……?
いつも勝手に皇宮抜け出して、あっちこっち行ってますから……。
本人曰く『見聞を広めるためさ。』らしいですが、本当かどうかわかったもんじゃありません。
男漁りかも知れませんしね★
他のメイドさんとの恋愛話なら盛り上がるかもしれないですねぇ(笑)
その際はぜひ、私も混ぜて下さいね♪

勢いにまかせた乱文、ウェルカムですよ!!
卯月様が腐ではないことぐらい、分かっているに決まってるじゃないですか(´゚∀゚)b
むしろ私の方が腐かもしれない!(ぇ?

BL属性の入ったキャラはいいネタになりますよね!!
私もテディ陛下は大好きです(笑)
ぇ?ハクですか?……次くらいに戻ってきますよ★
  • posted by 筱 
  • URL 
  • 2009.12/18 06:38分 
  • [Edit]

燈様へ 

いらっしゃいませ!

こんばんわッ!
おおぉぉっ!ツボって頂けましたか!!
それはそれは……とても嬉しい……ッ!嬉し過ぎます!!(*´д`*)

そうですよ~……あの男色野郎こと、テディエトールは皇国『リムドア』のトップです(笑)
綺麗な顔、ネスの攻撃すら避けられる動体視力、
ここでは出てきませんが、頭もよくて、剣の腕も一流な凄い皇帝さん。
だ・け・ど、男☆色☆
笑えちゃいます(*´д`)皇国この先大丈夫ナノカナ……。

アデットはギルドの平和が一番なので、
ネスを餌に捧げるくらいどうってことはない様です(笑)
というかネスやハクなら、餌に捧げても自分の力で戻ってこれるっていう、
非道なのか、信頼しているのかよく分からない思いを持ってます(´゚д゚)

シェリルは人様の目なんて全く関係ない様ですね(笑)
早くあったまった自分の姿を見せたかったのでしょう(*・ω・*)

ハクは……次!次でてきますよ!!
全く……あいつは何処に行ってたんでしょうね(´・ω.`)
  • posted by 筱 
  • URL 
  • 2009.12/18 06:46分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

筱

Author:筱
初めまして。
管理人の筱 - シノ - と申します。

現在

『Battle Mermaid』

を綴っています。

どうぞ、
仲良くしてやって下さい!

BlogRanking
↑もし宜しければ、
ひと押しお願いします。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。